FC2ブログ
夜中の災難
寝るときは真っ暗にせず、豆球の明かりをつけて寝ます。

寝る部屋は、輪っかの蛍光灯に笠のかかった照明です。


夜中2時前、眠さで倒れそうになりながら布団に入ろうと、

電気を消して豆球にしたら、真っ暗!

電球切れた~ でも眠いし~…と思いながらも、

豆電球出してきて、椅子持ってきて、

電球を取り外そうとしたら、、

別に握り潰したわけでもないのに、切れた電球が粉々に割れたんです

布団に破片が飛び散るし、やだーと思っていたら、

電球が割れたため、口金だけがしっかり残ってしまったんです。

電球ソケットの穴は小さくて指も入れづらく、

なにしろ金具だけになったのでつまめない!

ソケットと口金の隙間がほとんどないので

つまんで回し外すことができないんです。

もう諦め、飛び散った破片を掃除して、真っ暗の中寝ました。


そして、あらためて細いペンチで取り外しを試みたりしましたが無理。

仕方ないので分解作業開始。

脚立出動で、天井から電気を外しました。

いつもハタキかけてるんですが、普段は天井から外すことなんてないから、

やっぱりほこりがたまっていて、まずはお掃除から。

笠を外し、蛍光灯を外し、でも何も変わりません。




さらに分解。

あらゆるネジを外し、これ以上解体できないところまでやりました。

中からチャリチャリいろんな部品がこぼれ出てくるし、、助けてくれ~って泣きそうでした


IMG_1690_convert_20121008142656.jpg


結局この状態で、割れ残っているガラスを砕いてしまい、

金具とソケットのわずかな隙間に爪を入れ、なんとか取り外しに成功。


さて、元に戻そうと思ったら、案の定どこに何がはまっていたのかわからなくなり、

ネジは余るし、完全に元通りになるまで悪戦苦闘でした


新しい豆球もつけ、キレイになった電気を再度天井につけ終わり、

ドライバーやペンチの片付けをし、

そしたら、なぜか広げた脚立がたためない!

なぜたためない?

ロックもないし、広げて閉じるだけのなにも複雑なことはない脚立なのに。

昔から使っているのに、押しても引いてもたためず。

もう疲れてしまい、脚立は放置。

数時間後、なにがどうだったのか一発でたためました。


小さな豆電球のために、すごい大変な思いをしました。。

今度から電球外す時は慎重にしなきゃです。







スポンサーサイト



[2012/10/08 15:10] | 日記 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://wamusubi.blog117.fc2.com/tb.php/529-96bc20ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |