運慶展
運慶

去年から楽しみにしていた「運慶展」。

東京国立博物館に行って観てきました。

心配された混雑も、それほどでもなく。


運慶の作品は、東大寺の金剛力士像が有名です。

あまりにもそのイメージが強いので、

運慶作の如来様、お地蔵様、観音様などの穏やかな、彫りの浅い像などは

意外なかんじすらしました。

でもやっぱり、筋骨隆々でこわい形相の像は運慶らしくて好きです。

細かくて写実的。そして力強い。

四天王や八大童子、毘沙門天は本当にかっこいいです。

八大童子(金剛峯寺所蔵)は以前「高野山の秘宝」展で観て感動したのですが、

また同じ童子さんたちに会えて、また感激。

今回はガラスケースに入っていない像も結構あり、

ケースに入っていても後ろまで360°見られるものが多く、

近くでよく見ることができました。


運慶の父・康慶や、息子たちの作品も展示されていて、

日本史で習った有名な像も見られてよかったです。


来年年明けには、金沢文庫でも運慶作品が展示されるそう。

次は金沢文庫へ行く!








スポンサーサイト
[2017/10/16 14:44] | 日記 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://wamusubi.blog117.fc2.com/tb.php/1081-3d33c81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |