鎌倉めぐり
また漁港めしが食べたいと思い、

今回は腰越漁港目の前の「池田丸」に決定。

お昼ご飯だったのですが、その前に他の所へ寄り道。


まずは朝カフェ。

鎌倉駅すぐの「RONDINO」でコーヒー&プリン。

昔ながらのカスタードプリンは結構大きくて、そこそこ満腹に。


次は、鎌倉市農協連即売所、通称レンバイへ。

鎌倉野菜たちがたくさんでしたが、

ミニトマト食べたいな~と思い、予定外に買ってしまいました。

種類はアイコ。

でも大きい!

アイコ

赤と黄を半分ずつ買いました。

あまりにもしっかりしたミニトマトだったので、

味はどうかな~なんて失礼なことを思ったのですが、

すごい甘いトマトでした。

と、トマトも買ったのですが、レンバイに行った一番の目当ては、

レンバイ内に店舗がある「北鎌倉燻煙工房」の燻製チーズ。

雑誌で見てこのチーズに一目ぼれ(?)。

このサイズでこの値段はお高い!のですが、クルミも入ってる燻製チーズ、

おいしくないわけがない!

香りだけでもおいしい!

チーズ1

ワッフルみたいな、この姿・形もいかにもおいしいそう。

チーズ2

食べすぎないよう、我慢してチビチビ食べます。


そして、江ノ電で腰越に移動。

稲村ケ崎にも2号店がある「池田丸」ですが、

腰越の元祖「池田丸」で、またまた刺身定食~。

私の好きな白身系、カンパチ・スズキ・クロダイなど、

きれいで新鮮なお魚をいただきました。

海と漁港と江ノ島が目の前に見える広いお座敷の席で、

雰囲気もなかなか良いお店でした。

シラスも気になりましたが、また次の機会に。


帰りは藤沢に出ました。

帰り時間まで藤沢で昼カフェ。

4時間くらいの間に3軒のお店に行って、食べて飲んで…。

食べ疲れの一日でした。

これまであまり知らなかった鎌倉をめぐれました







スポンサーサイト
[2017/06/28 21:36] | 日記 | トラックバック(0) | page top
あじさい並木?
うちの前の桜並木、

桜の下に紫陽花が植わっていて、今ちょうど咲いています。


紫陽花並木


全部ではありませんが、並木道に結構紫陽花咲いています。

うちの前は額紫陽花です。

背が高くなってきて、半分、木のようです。








[2017/06/23 11:29] | 日記 | トラックバック(0) | page top
1年生
自宅の教室時間を少し延長しました。

新中学生の予定が変わったりなどして、夜の時間も通常お稽古にしました。

7時半~20・21時頃まで、なかなかの長時間です。。

そんな関係で、入会待機していた方たちを少し受け入れることができました。

入会制限していたため、しばらく入れ替わりもなく、

この前まで1年生がいっぱいだ、と思っていたのに、

そんな子たちがもう4年生になっていたりして、高学年がとても多くなっていました。

今回何人か入会してくれたのは1年生や幼稚園生。

若い子(?)が入ってくれました。


だから、ひたすらひらがなの練習です。

お手本書くのも、教えるのも、やっぱりひらがなは難しい。

私自身が少しモヤモヤしてしまいます。

が、一番最初の基本も基本。

字を書くのが好きになれるように、きちんと書けるように、スタートは肝心。

気持ち新たにがんばります!




[2017/06/19 09:33] | お仕事 | トラックバック(0) | page top
東海道歩き 第8回
今回は国府津からのスタート。

小田原の街中を抜けて行きます。

東京からずっとJR東海道線沿いを歩いてきましたが、

東海道線とも一旦サヨナラ。

次は小田急線沿いに。

前にそびえ立つ箱根の山がどんどん近くなって、

緑もどんどん深くなってきました。


今日のランチは、風祭駅すぐ、かまぼこの「鈴廣」がやっているバイキングで。

もちろん、かまぼこメニューも結構ありました。

鈴廣のお土産屋さんにも寄り、少し買い物。


歩きを再開しましたが、時間の都合で入生田駅で終了。

今回も10kmちょっと。


これにて日帰りの歩きはおしまいです。

次はいよいよ箱根を上り、芦ノ湖を目指します。

芦ノ湖近くで宿泊、、翌日、峠を越え静岡県突入です。

ずいぶんゆっくりなペースですが、気長にガンバリます。

もうすぐ100km!





[2017/06/12 21:44] | 日記 | トラックバック(0) | page top
別名 七変化

七変化


紫陽花の花が色づいてきました。

これからどんどんきれいになっていきます。

紫陽花の別名を「七変化」というみたいです。

花の色が変わるから。

酸性・アルカリ性とか、土壌によって色も変わるというのはよく知られていること。

小さい頃、実家の紫陽花が白だったので、よくお酢を撒いていました

しかし、残念ながら、意志の強い我が家の紫陽花は変わらず、

ずっと白のままでした…。








筆文字ロゴの制作、筆文字ギフトのご依頼は「和結び」まで
http://www.wamusubi.com


[2017/06/05 10:16] | ひと筆 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |